妊婦スキンケア

妊娠線予防のケアを楽しもう

妊娠すると女性の体には色々な変化があります。ホルモンバランスが大きく変わることで、体型の変化やつわりやメンタルの変化もあります。

 

妊娠線は急激な体型の変化に皮下組織がついていけずに起こる肉割れの一種です。産後には段々と色が薄くなりますが最初は赤紫色の線状斑なので心への衝撃もなかなか大きいものです。命を繋いだ勲章だとも思えますが、できることなら予防したいですよね。予防アイテムもたくさん発売されています。

 

妊娠中はホルモンの影響で妊娠前よりも肉割れができやすく、また肌も敏感になっています。コラーゲンを補い、保湿に気をつけて、マッサージすることが予防の近道だと思います。

 

お腹が大きくなって妊娠を実感できる5ヶ月頃から始めるとちょうどいい時期なので、お風呂の中や湯上がり、眠る前や起きてすぐなど、ゆったりとした気持ちで時にはパパや上の子に手伝ってもらいながら赤ちゃんとの時間を楽しむと良いと思います。

 

妊娠後期に入ると体重増加も去ることながら、お腹や胸や腰回りの肉付きも急激になります。ケアを始めて時間もたっている頃なのですが、マンネリになっておろそかにならないように出産まで楽しみながらケアできるといいですね。