妊婦スキンケア

妊娠線のできる理由とケアの方法

妊娠すると女性の体には色々な変化が現れます。その最も代表的かつ目立つのが体型の変化ですよね。
お腹が大きくなるのはもちろん、乳房もお尻も大きくなり、更に出産・育児に耐えうるパワーをつけるべく身体中に脂肪がつきやすくなります。体は妊娠前よりも急激にボリュームアップするのです。

 

皮膚の表面は急激な伸びについていくことができるんですが、内部はそううまく伸びることができず、真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン・弾性繊維に断裂が起こります。それが赤紫色の線状斑になり妊娠線と呼ばれます。

 

出産後には段々と色が薄くなり白くなって目立たなくはなりますが、消えることはありません。急激に太りすぎたときにできる肉割れと原理は同じなんですね。

 

更に妊娠中に出るホルモンが肌の弾力を失わせる特徴を持っており、これによっていつも以上に皮下組織の断裂が起こりやすい状態になってしまうんですって。

 

妊娠線予防アイテムや妊娠線を薄くするアイテムは色々発売されています。この原理を知っていれば、コラーゲンとその生成を補助したり役割を補う成分の入った商品を選べます。

 

そして肌に潤いを与えて保湿しながら伸び良いようにこまめにマッサージして、気持ちよく妊娠線予防していけるといいですね。